医師求人を探す際の方法と注意点

転職活動というのは、準備に時間と手間をかけることが重要であり、つまりは、実際に求人情報を集めるまでの作業を非常に面倒くさいものと感じることが多々あります。
しかし、それを避けて転職を成功させることはできません。

自らが希望する条件や譲れない要素などを洗い出し優先度や重要度を確認するといった、その非常に面倒くさい作業を終えたら、いよいよ”求人情報の収集作業”へと取り掛かります。

求人情報の集め方

医師の求人を集約したサイトはネット上に複数あるため、そのような媒体を利用し求人情報を集めてみましょう。

おそらく診療科目や勤務地、業務内容や医療施設の種類などを選択・入力できるようになっているはず。
その検索機能を利用しながら徐々に求人を絞り込み、自らが整理した希望条件や譲れない要素にマッチした医療施設を選別していきます。

このように自ら検索して探していくのもいいですが、やはり転職サポートサービスを提供している人材紹介会社を利用し、キャリアコンサルタントと呼ばれる医師転職のプロフェッショナルに相談しつつ、自身にマッチした求人を紹介してもらう方法がベストでしょう。

自ら探す方法では、その選択が正しいか判断することが難しく、市場価値にマッチしない求人へと応募してしまうリスクも高まります。
コンサルタントが紹介する求人であれば、そのようなミスを減らすことができ、相性のいい医療施設への応募が可能となるはずです。

狙うべきは公開されていない求人

紹介した、自身で探しそれを絞り込んでいく方法で見つけた求人は、全て公開求人であることは頭に入れておきましょう。
求人情報には公開されているものと公開されていないものが存在し、医師の場合、できれば後者を狙った方が、大きな恩恵を受けることに繋がると考えられます。

公開されていない求人は“非公開求人”と呼ばれていますが、こうした求人と出会うには、コンサルタントに相談し紹介してもらうしかありません。
各エージェントではこのような非公開の求人を多く抱えており、直接面談した医師に紹介する形をとっているため、ネット上には公開されておらず、全て1人で転職活動を行おうと試みる医師には届くことがないのです。

非公開求人を狙うメリット

①コンサルタントが相談者である医師の希望や特性、市場価値や経歴などを総合した上で紹介してくれるため、非常に相性がいいと考えられること。

②公開されていないため応募者も限られ、コンサルタントから紹介されてしまえば採用の可能性が非常に高まり、つまり競争率が下がること。

③公開すると応募者が殺到する可能性があるほど、優良求人である可能性が高いこと。

ただ求人を探すのではなく、ベストな求人と出会いたいのであれば、やはりコンサルタントへと相談し非公開求人を紹介してもらう方法が最良なのかもしれません。