転職医療機関へと求めるものを整理する

 

大体のスケジュールを決定し、なぜ職場を変えたいと思ったのか、その理由や目的を整理した後は、新たに勤めることになるであろう医療機関に求める条件を整理する作業”へと取り掛かります。

希望することが一切ないことなどあり得ません。
そうであれば職場を変える必要はないわけですから。

それが年収を増やすためなのか、労働環境の改善を図りゆとりある働き方を目指すためなのか、それともスキルアップやキャリアアップを目指すためなのか、医師によって何を目的とするのかには違いがあるはずですが、そうした目的を体現するためにも、移ることになる医療施設に求めるものを整理し明らかにしておく必要があるのです。

できるだけ具体性を持たせておきましょう。
年収増加を目的とするのであれば、その額を明確にしておかなければいけません。
勤務日数や勤務時間、当直やオンコールなどについても同じことが言えますし、スキルアップであれば、症例数や設備、手術に携われるか否かなども重要なポイントとなってくるはず。

希望条件等を具体的にしておくことで、なぜそれが譲れないのかが明確になり、例えば転職エージェントを利用する際にも、コンサルタントの理解度を高めるとともに、それに見合った求人を提供してもらいやすくなります。

優先度や重要度を冷静に考えること

 

どうせなら収入も増やしたい、でも余裕のある働き方がしたい、その上でオペ技術が身につけられれば嬉しい。
などと、あらゆる欲を満たそうとする意識はおかしなことではありません。

医療施設に求めるものが多くなってしまうことは自然なことでしょう。
さらに、自宅から近い方がいい、新しく綺麗な施設がいいなどと、細かな望みが次々と出てくるのも、仕方のない部分があるはずです。

ただ、それらを全て叶えられる求人が果たしてあるのかどうか、あったとして、そこに採用してもらえるのかどうか、ということを考えると、あまり多くを望むのは現実的ではないのではないでしょうか。
とはいえ勤務医の労働環境の調査にもあるように、劣悪な環境で働くわけにもいきません。

転職先の医療施設へと求めることに対して、必ず優先度や重要度を考え、譲れないものなのか妥協できるものなのかを、あらかじめ整理しておくことをお勧めします。

この作業をしておくと、実際に求人を紹介してもらった際に、あるいは自分で気になる医療施設を見つけた際であっても、応募に踏み切るか否かの判断がしやすくなります。
自身にとって正しい選択をするための道しるべにもなるでしょう。

収入を優先するのか、労働環境を優先するのか、はたまたキャリアアップを優先するのか、その判断は医師ごとに異なるため、自分自身と向き合いながら優先度や重要度を考えること。
それは、転職先医療施設の選択の失敗を回避することに必ず繋がるはずです。