最低限の基本を押さえた履歴書に仕上げること

基本的な履歴書の書き方

  黒いボールペンや万年筆で書きましょう。
  誤字脱字のないよう何度もチェックをしましょう。
  写真はスタジオで撮影したものを使用しましょう。
  修正液や修正テープは使用せず、間違えた場合には新たな履歴書を用意し書き直しましょう。

といった基本的な履歴書の書き方や注意点は敢えて取り上げる必要もなく、多くの医師が理解していることでしょう。
しかし、こうした基本ができていることが採否を左右することもあるため、決しておろそかにしてはいけません。

医師の多くが勘違いしてしまうことがあります。
それは、「腕があれば採用されるだろう」というもの。

確かに医師である以上経験やスキルといったものが評価対象となり、採用する側もそれを重視しますが、しかし、履歴書や職務経歴書に問題があり、且つ面接態度などにもそれが如実に表れているようであれば、いくら実績があったとしても病院や診療所側は採用に積極的にはならないはず。
他の職員にマイナスの影響が及ぶことを懸念するからです。

わざわざ取り上げるまでもない基本的な履歴書の書き方こそ重要視し、そこから逸脱しない応募書類を仕上げるよう心がけましょう。
内容も重要ですが、まずは一見して「問題はなさそうだ」と思われることを意識するようにしなければいけません。

志望動機や自己PR欄では他者との差別化を意識すること

もちろん、応募書類の見た目が良ければ採用へとまっしぐら、というわけではありません。
基本を押さえた履歴書は最低限の礼儀でありマナー。
最終的に採否を決定づけるのは、”応募者の医師がどのような人物であるか”という部分です。

履歴書という1枚の書類の中でそれが強く表現されるのは、志望動機と自己PR欄でしょう。
なぜその医療施設を志望したのか、これは特に医療施設側が重視する点です。
大前提として、その医療施設のみに向けた内容になっていなければいけません。
その上で、他者があまり目をつけない部分に言及しておくと、より印象を残しやすくなるでしょう。

症例に関することかもしれませんし、施設や設備に関することかもしれません。
見学をし実際に職員と接した際の感想に言及するのもいいでしょう。
自己PRも同様です。
ありきたりなものではなく、「その医療施設だからこそ自らが働く価値がある」と暗に伝えることがポイントとなってきます。

どちらも他者との差別化がいかに表現できるかが大きなポイントとはなってきますが、注意点も同時に押さえておかなければいけません。
オリジナリティを出そうとした挙句、それが押し付けがましくなったり、応募先医療施設が求める人材像とはかけ離れたイメージを植え付けてしまったりしないよう気を付ける必要があります。

履歴書を書くときのポイント

  丁寧に書くこと
  他者にはない自分だけの強みをアピールすること
  採用する価値がどれだけあるか示すこと

より詳しい経歴等は職務経歴書に記載するでしょうから、これらに集中することが重要になってきそうです。