医療施設側が面接において重視する点とは

求人情報をチェックし、いくつかの医療施設へと絞り込み、いざ応募をし書類選考に通過すると、いよいよ面接を受けることになります。
書類選考を経ず、応募から面接へと繋がるケースもありますが、いずれにしてもこの面接を突破しなければ採用に至ることはありません。
転職を目指す多くの医師にとっての最終関門であり、非常に重要且つ大きな壁となることは間違い無いでしょう。

面接対策を行うときに強く意識すべきは、"医療施設側が求める医師像"です。
これに合致していなければ、採用されることは難しいと考えながら対策を練っていく必要があります。
極端な例とはなりますが、脳神経外科医として非常に優秀で多くの実績を残していたとしても、応募先医療施設が産婦人科医を求めていた場合、採用されるのは難しくなるはず。
分野や領域が異なり、即戦力として考えることが難しいからです。

診療分野や科目に留まる話ではありません。
コミュニケーション能力や性格、経験値、今後のキャリアプランなど、あらゆる面で、医療施設側の求める医師像とマッチしている必要があります。

転職を志す医師は応募先医療施設の情報を余すことなく入手した上で、その病院やクリニックが求める医師像を把握し、それに当てはまっていると主張することを意識した対策を練らなければならないのです。

面接対策にコンサルタントを頼るメリット

面接を上手く乗り切るための対策や準備は、すなわち情報収集にあるということは理解できたのではないでしょうか。
しかし、勤務したこともない医療施設の情報をどれだけ集められるかといえば、一個人では中々難しいところがあるのかもしれません。
そんなときに頼りたいのが、キャリアコンサルタントと呼ばれる転職エージェントに属するスタッフの存在です。

この種の人は医師に対して医療施設や求人の紹介を行っています。
つまり、紹介した病院やクリニックの情報を有しており、同時に、医療施設側が探し求めている医師像もある程度把握しているのです。
その情報を得ることができれば、面接を突破するためのポイントを押さえることができるのではないでしょうか。

また、キャリアコンサルタントと呼ばれる人たちからは、面接の基本とも言える部分に関してのアドバイスも受けることができます。
喋り方や表情に癖があればそれを指摘し、治すよう指導してくれるでしょう。
会話の中でついついネガティブな発言や相手を非難・批判するような表現が見られる医師に対しても、しっかりと指摘してくれるはず。

そのような細かなアドバイスこそが転職の成功へと繋がる例も少なくないため、もし徹底した対策を行った上で面接へと挑みたいのであれば、求人紹介だけではなく面接に関する相談も行い、万全の準備を整えた上で面接へと臨むべきでしょう。