多少苦労してでも円満退職を目指すべき理由

これまでお世話になった職場に最大限配慮をして去ることは、"社会人としての常識"です。
それは業種や職種が変わったからと言って例外が生じるものではありません。
医師も、これまで勤めてきた職場に対しては敬意を払う形で退職すべきでしょう。

いわゆる円満退職を強く意識すべきなのですが、これは苦労してでもそこを目指さなければいけません。
そうすることで転職する医師にとってもメリットがあるからです。

もし円満に退職できなければ?

  その病院なり診療所なりが退職する予定の医師にとって不都合な噂を流布する
  入職予定の医療施設に対してコンタクトを取り個人的な情報を流す
  トラブルの元になるような行動を起す

もちろんそのようなトラブルは稀にしか起こりませんが、可能性がゼロではない限りは注意しなければならないことなのです。
ましてや、医療業界という特殊な環境においては、他の業界よりもそのようなトラブルが起こりやすいため、できる限り円満な退職を目指しておくに越したことはないと思っておきましょう。
医局に所属しているのであればなおさらですね。

もし上記のような面倒なトラブルが起きれば、転職そのものが御破算になってしまいかねません。
それでは全ての活動が水の泡。
そうならないよう、円満な退職を行うことを強く意識する必要があるのです。

円満退職するために重要な意識と行動とは

何のトラブルもなく、そして円滑に全ての活動を終えるためにまず必要になることは、”前もって退職の意思を伝えておくこと”です。
内定を受け取り新たな勤務先が決定してから伝えるにしろ、それ以前に通知するにしろ、辞める日の1ヶ月前までには退職届を出しておくことをお勧めします。
それだけの期間があれば医療施設側も新たな人材の確保に動き出せますし、引き継ぎ作業に必要な時間も十分に取ることができるでしょう。

また、退職理由などを伝える時に、ネガティブな発言は控えなければいけません。
上司や施設、組織への不満があったとしても口にすることは控え、仲のいい同僚に対してであっても、そのような発言はしないよう注意すべきです。

さらに、引き継ぎに手を抜かない意識も重要です。
もう辞めるからと引き継ぎを適当に行ってしまうと、これもトラブルの元になりかねません。
すでに退職が決定した後であっても、丁寧な仕事を心がける必要があります。

円満退職するために必要なのは、早めの行動と退職先へ最大限配慮する意識を持つことと言えるのではないでしょうか。
これがあればトラブルなく退職することができるはず。
もし退職届が受理されない、あるいは何らかのトラブルの発生が懸念されるような状況などがあれば、キャリアコンサルタントに相談するようにしましょう。
的確なアドバイスやサポートをしてくれるはずです。