内定が決まった後の大まかな流れ

面接を上手にこなすことができれば、採用へと近づくことができます。
他にも応募者がいる可能性があるため面接から採用決定の連絡までは時間がかかるかもしれませんが、内定が受け取れれば、晴れて転職先が決定することになるわけです。

しかし、医師転職は内定後も安心することはできません。
すでに退職しているのであれば直後に入職できますが、多くの医師は働きながら転職活動を行うはず。
内定後にさまざまな手続きや活動がまだまだ残っており、それを終えるまでは転職も完了しないのです。

一般的な入職までの流れ

必要であれば条件交渉を行います。
また、入職時期に関しての調整も医療施設側と行わなければいけません。

その交渉がまとまり調整がつくと、今度は医師自身が勤めている医療施設へと退職に関する届けを出すことになります。
これも人によっては内定前に通知しているかもしれませんが、多くの医師は内定後の動きの一つとなるのではないでしょうか。

また、交渉や調整に関しては退職願を出した後になることもあり、この部分に関しては医師によって前後することがあります。

退職願を受け取ってもらったのち、引き継ぎ作業に入ることになるでしょう。
それとほぼ並行しながら入職に関する手続きを行い、引き継ぎが完了した時点、もしくはその少し後に退職
その後、あらかじめ調整していた時期に入職をする。

これが一般的な流れとなっています。

内定後のサポートも受けられるコンサルタント

言葉で表現すれば数行でまとめられる内定後から入職までの流れですが、実際には数ヶ月かかることもあり、転職に慣れていない医師にとっては非常に面倒で神経を使う作業の連続となるでしょう。

たとえばこんな事があります

退職や入職に関する手続きには書類や証明書など必要な物がいくつか出てきます。
それを準備したり決まった機関へと提出したりしなければいけません。

また、転職に伴って引っ越しをしなければならない場合、それも入職するまでに済ませておく必要があり、退職と入職のタイミングがほぼ同時となる場合には、この点でも苦労を感じることが多々出てくるでしょう。
さらに、家族がいる場合には子供の転校や転園の手続きなども必要となります。

忙しい医師にとっては決して楽な作業とはならないはず。

このような手続きや作業の数々も、転職エージェントのキャリアコンサルタントのサポートを受けることが可能です。
上で触れている条件の交渉や入職時期の調整はもちろん、退職や入職に関連した手続きの代行や書類など必要な物を揃えるところまで請け負ってくれるエージェントが多く、医師にとっては非常に助かる存在となるでしょう。

可能な限りスムーズに、そしてストレスなく転職を終えるために、内定後から入職までの一連のサポートをぜひ遠慮することなく受けることをお勧めしておきます。